ガスを観ながらの散歩

昨日から雷雨が度々あるおかげで、山間部でガスが発生します。
まるで仙人になった気分で散歩ができ、朝からとても気持ちがいいです。

もしかしたら、マイナスイオンのおかげでリラックス気分を味わっているのかも。
やっぱり犬の散歩は自然の中が一番かもしれません。

f:id:shinji629:20180813170055j:plain

ガソリン/灯油の価格

トランプ政権による対イラン制裁の復活によってガソリン価格も高騰しそうな勢いです。都市部で電車生活をしているとあまりピンとこないかもしれませんが、都市と田舎の二拠点生活を始めたので、少しずつガソリンや灯油の価格にも敏感になってきました。そこで、7月末の全国のガソリン、軽油、灯油の価格リスト(*1)から実際に自分が支払った価格が高いのか安いのか比較してみました。


7月29日、灯油(配達)の価格は、98円/Lでした。つまり、18Lでは、1,764円となり、全国では9位と10位の間にランクインしそうな価格でした。近くには、ENEOS以外の選択肢はないですが、良心的な価格に設定されていることがわかります。

ちなみに長野県は、灯油18Lで1,824円、東京都は、2,033円です。
今後の価格の推移にも注目していきたいです。

余談ですが、なぜ18リットルかといいますと、一斗缶が18Lだからです。
1970年代までは灯油を入れる容器の代名詞であったそうです。

*1:

https://oil-stat.com/rank/2018-07-30.html

EasyOneTouch 2 (車載ホルダー)

以前からもうカーナビはなくてもいいかなって思っていました。

主な理由は、2つあります。
1つは、日常生活では道に迷わないので不要だからです。
少し遠出してもよく行く場所であれば、300kmぐらい先はナビなしでも
まったく困ることがありません。

2つ目は、マップのアップデートが面倒だからです。
新しい道を通過しようとしたとき「リルートします。」と呪文のように唱えるのはやめてほしいです。そして地図上では道なき山をひたすら走っているように見えます。

そんなスマートではないカーナビをしばらく使っているうちに、スマホ
どんどん進化しています。なので、今回購入した車には、カーナビを装着しませんでした。


ただ、スマホをホールドするものが必要になったので、アマゾンで売れ筋の
EasyOneTouch 2を購入してみました。

今年の夏は特に暑いので、しっかりダッシュボードに粘着し続けてくれるか
心配ですが、とりあえず1日テストしてみたところ全く問題なさそうです。

f:id:shinji629:20180803155653p:plain

引越し

台風12号と引越しのタイミングが合わさったので雨を覚悟していましたが、
奇跡的に晴れ間のタイミングで無事搬入できました。

今回の台風は、西寄りに進路を変えて関東から東海へ進む珍しいルートでした。

段ボール40箱とその他荷物の合計64個と、多いのか少ないのか
わかりませんが、自宅の荷物の30%程を異動させました。

その他、注文した家電も設置されあっという間に住める状態に。

しかし、うっかり自転車の鍵を忘れてしまい乗れないことに気づという有様。
別宅に置いてきた鍵を宅急便コンパクトで送る羽目に。

まあ、そんな失敗もありましたが、翌日には朝から晴天で気持ちがいい
スタートがきれました。

近所の散歩道からの一枚。標高が高いのでもう暖い飲み物が欲しいぐらいでした。

f:id:shinji629:20180731235523j:plain

村のWiMAXスピード

光回線が引けない地域のWiMAXのスピードを測定してみました。
結論としてダウンロードのスピードは都内のオフィスのWi-Fiより早かったです。
アップロードは1.36 Mbit/sなので決して早いとは言えませんが、
工夫次第で実用に耐えられるレベルかと思います。

$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest.py | python -
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from au one net (xx.1xx.xx.xx)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by OPEN Project (via 20G SINET) (Tokyo) [5.41 km]: 159.782 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 23.41 Mbit/s
Testing upload speed................................................................................................
Upload: 1.36 Mbit/s

うまくネットを活用すれば、地方での仕事もきっと可能でしょう。

フリーアドレスオフィスのWi-Fiスピード

フリーアドレスオフィスは、昨今めずらしくはなく、オフィスコストの削減に寄与します。メールや数MB単位のファイルのやりとりでは、特に目立った支障はないかと考えられますが、GB単位のファイル処理には、インパクトが大きいかと思います。

Wi-Fi/有線LAN/WiMAXでダウンロード/アップロードスピードの比較を以下に記します。

 

// 都内オフィスのWi-Fi
$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest.py | python -
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from Office (xx.xx.xx.xx)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by tdlabs (Sakai, Osaka) [234.51 km]: 32.112 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 2.13 Mbit/s
Testing upload speed................................................................................................
Upload: 4.14 Mbit/s


// 自宅のWi-Fi
$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest.py | python -
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from Home Wi-Fi (xx.xx.xx.xx)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by BGP Network (Tokyo) [65.83 km]: 14.831 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 34.35 Mbit/s
Testing upload speed................................................................................................
Upload: 22.58 Mbit/s


// 自宅の有線LAN
$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest.py | python -
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from Home LAN (xx.xx.xx.xx)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by Allied Telesis Capital Corporation (Fussa-shi) [50.27 km]: 11.058 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 86.49 Mbit/s
Testing upload speed................................................................................................
Upload: 60.03 Mbit/s


// Wi-MAX 2+ (自宅)
$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest.py | python -
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from au one net (xx.xx.xx.xx)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by IPA CyberLab (Bunkyo) [18.99 km]: 117.359 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 69.81 Mbit/s
Testing upload speed................................................................................................
Upload: 67.21 Mbit/s

 

上記結果からオフィスでのダウンロードスピードがかなり遅いことが確認できます。オフィスコストを削減し、同時に生産性も上げたいところです。

また光回線が引けない地域WiMAXのスピードも測定し、都内オフィスとの比較もしてみたいです。

MSR 0x48 (SPEC_CTRL) bitを確認するには

Spectre v2のために、IBRS機能の代わりにRetpolinesを使用したりすることがあります。その際、CPUのIA32_SPEC_CTRL MSRが正しくセットされているか簡単に確認できます。

Intelの「Speculative Execution Side Channel Mitigations」を参照すると
32_SPEC_CTRL doeは、Register Address Hex 48Hと記載されています。

msr-toolsパッケージのrdmsrを使って、model-specific registersにアクセスできます。例えば、全てのCPUのレジスタ0x48の値を取得するには、以下のように実行します。

# rdmsr -a 0x48

参考:

https://software.intel.com/sites/default/files/managed/c5/63/336996-Speculative-Execution-Side-Channel-Mitigations.pdf